住まい・インテリア

牡丹

昨日は、生徒さんから綺麗な牡丹の花(お庭で育ててあるそう)を頂きました。

これまであまり買うことがなかった品種ですが、美しさにこの先、目にとまりそうです。

調べてみると原産地は中国で、元は薬用として栽培され根の皮は消炎・沈痛などの漢方薬の原料にもなっているとか。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

という言葉も症状に応じた生薬の用い方の例えもあるそうで、「立てば芍薬」とはイライラと気のたつ症状にはシャクヤクが有効・・・といった具合だそうです。

美人の姿や振る舞いを形容する言葉として知られていますが、このような意味もあったんですね。

002

早速、玄関に飾ってみました。

後は10数年前に描いたトールペイントですart